The Beatles Tribute Band SOMETIME Official Site
LIVE  NEWS MEMORIES PROFILE GALLERY LINKS SITE  MAP


ho_a0101.gif  檸 檬 画 廊  レモンイラスト小ho_a0014.gif

by JOHN LEMMON

 檸檬画廊へようこそ。
 この画廊は、私ことジョン・レモンが、音楽活動の傍ら、勝手気ままに描いたイラスト等を紹介するスペースです。未熟なところもありますが、気軽に楽しんで頂ければ幸いです。

絵をクリックすると大きな画像がご覧になれます。


No.46 「海」 2021.3
 色鉛筆、アクリル絵の具、24cmX35cm
ただシンプルに海を描いてみました。


No.45 「二匹の旅」 2021.3
 色鉛筆、アクリル絵の具、27cmX24cm
3月15日(月)〜27日(土)まで、駕町通りの画廊喫茶「オアシス」にてチャリティーアート展(県内作家20名)が開催予定。お時間がありましたら覗いてみて下さい。
「オアシス」 熊本市中央区中央4-2 パスート駕町ビル2F(水・日曜休)


No.44 「秋」 2020.12
 色鉛筆、アクリル絵の具、40cmX40cm 
すっかり冬になってしまいましたが、来年の秋はゆっくり紅葉を楽しみたいですね。


No.43 「シチリア」 2020.10
 色鉛筆、アクリル絵の具、41cmX29cm 
旅の番組で観たモチーフを参考に画面構成した風景画です。


No.42 「画題なし」 2020.08
 色鉛筆、アクリル絵の具、クレパス、42cmX59cm 
画題は特にありませんが、好きな海の絵、夏向きの作品です。 


No.41 「Here comes the Sun」 2020.05
  51cmX36cm 
 せっかくの大型連休も外出自粛だったので、気分だけでも新緑に・・・ということで


No.40 「猫と海」 2020.03
  鉛筆、アクリル絵の具、30cmX42cm
家に籠ってばかりいると、なおさらこんな風景が恋しくなります。


No.39 「光る海」 2020.03
  鉛筆、アクリル絵の具、36cmX51cm
家に籠ってばかりいると、なおさらこんな風景が恋しくなります。


No.38 「FK」 2020.02
  鉛筆、27cmX24cm
鉛筆画の練習で色紙に描いたものです。作業中に紙面を汚さないよう結構気を使いました。


No.37 「EVOLVE」 2020.01
  色鉛筆、アクリル絵具、クレパス、42cmX59cm
サーフボードをモチーフにした海の絵。マリンスポーツをやっている姪からのリクエストを受け、出来るだけ細かいところにも拘って描いてみました。


No.36 「Journey U」 2019.12
  色鉛筆、アクリル絵具、27cmX24cm
今月11日〜28日、画廊喫茶三点鐘にてチャリティーアート展が開かれます。県内の作家さんと共に私も参加予定です。お時間ありましたら覗いてみてください。


No.35 「John&Ludy」 2019.11
  色鉛筆、アクリル絵具、27cmX24cm
世界を巡る猫の旅に、道連れが加わりました。


No.34 「Journey」 2019.11
  色鉛筆、アクリル絵具、24cmX27cm
世界を巡る猫の旅に、道連れが加わりました。


No.33 「Y.S」 2019.9
 色鉛筆、ケント紙、26cmX36cm
極めて私的ではありますが、孫の満1歳を記念して描いたものです。
子供の顔はつるっとしてメリハリがなく、アニメのような感じになってしまいますね。


No.32 「Big Sky U」 2019.8
 色鉛筆、アクリル絵の具、クレパス、72cmX51cm
5月頃からから少しずつ描き進めていた北アメリカの大自然「春」バージョンです。今回は部分的にクレパスも使ってみました。


No.31 「海辺」 2019.6
 色鉛筆、アクリル絵の具、36cmX51cm
一度は行ってみたい海のイメージです。なお、この作品は画廊喫茶「三点鐘」の「水辺、海辺、青の世界展」(7月2日〜10日)に出品予定です。


No.30 「ブルック シールズ」 2019.4
 インク、色鉛筆、51cmX36cm
だいぶ前(1984)に万年筆を使って点描画の練習をしたものです。保存状態が悪く紙面に沢山のシミができていたので、今回、上から桜の花びらを描いて補修しました。


No.29 「Big Sky」 2019.2
 色鉛筆、アクリル絵具、72cmX51cm(色紙)
いままで描いたことのないジャンルですが、北アメリカ北部、冬の風景にチャレンジしてみました。


No.28 「白い街」 2018.12
 色鉛筆、アクリル絵具、27cmX24cm(色紙)
地中海あたりに浮かぶ島の街をイメージしたもので、「Blue 3」「海と空」と併せてチャリテイーアート展(2018.12.11~28)用に色紙で制作したものです。


No.27 「Bue 3」 2018.12
 色鉛筆、アクリル絵具、27cmX24cm(色紙)
ワンパターンですが海に浮かぶヨットの縮小版です。


No.26 「海と空」 2018.12
 色鉛筆、アクリル絵具、27cmX24cm(色紙)
南海の海辺をイメージして描いたものです。


No.25 「サントリーニ島」 2018.10
 色鉛筆、アクリル絵具、38cmX51cm
有名なアングルですね。実際には建物や構造物の色合いが異なりますが、青と白のコントラストを強調して表現しました。


No.24 「陽のあたる坂道」 2018.10
 色鉛筆、アクリル絵具、36cmX51cm
テレビの旅番組で観た風景です。左奥の街並みは実際には見えなかったのですが想像で描き加えました。


No.23 「葡萄」 2018.10
 色鉛筆、鉛筆、36cmX51cm
緑系の爽やかな画面をイメージして描いたものです。


No.22 「We are」 2017.12
 色鉛筆、アクリル絵具、51cmX36cm
動物をモチーフにした絵です。女優さんの面白い表情に合わせて画面を構成しました。ちなみに猫以外は絶滅危惧種や希少動物に指定されてる生き物たちです。


No.21 「奄美の海 (イメージ)」 2017.08
 色鉛筆、アクリル絵具、51cmX36cm
やはり暑い時期には海の絵が似合いますね。こんな景色の中で時間を忘れてのんびりできたらと想像しながら描いてみました。


No.20 「路地」 2017.07
 色鉛筆、アクリル絵具、36cmX51cm
だいぶ間が空いてしまいました。イタリア等、ヨーロッパ旧市街地の路地。旅番組でよく観る風景ですが一度は歩いてみたいですね。


No.19 「海辺の町」 2017.03
 色鉛筆、アクリル絵具、51cmX72cm
地中海やエーゲ海あたりの町をイメージしたものです。


No.18 「A」 2017.02
 色鉛筆、51cmX36cm
パフュームをモチーフにした3部作の完結編です。この手の絵は描いていて楽しいのですが、途中で思いついたものを色々詰め込んでしまうので時間がかかって結構疲れます(笑)


No.17 「想い(模写)」丁紹光(中国) 
2016.11 アクリル絵具、70cmX45cm
「想い」丁紹光(ティン・シャオ・クワン,中国,1939〜)の模写。エスニック・抒情的 に表現された魅力的な作品が沢山あります。これは20年程前に模写したものですが、今回背景を補色・修正したので改めて紹介させてもらいました。


No.16 「乃」 2016.09
 色鉛筆、51cmX36cm
「KASHIYUKA」の続編。イラストボードに色鉛筆。髪を何色にするか大夫悩みましたが、結局、人工的な感じの色になりました。


No.15 「M.J」 2016.09
 アクリル絵具、キャンバス、
 40.5cmX31.5cm
いつもはイラストボード(紙)に描いてますが、この間ポールから油絵用のキャンバスを数枚譲ってもらったので初めて使ってみました。アクリル絵具にも十分対応できそうです。


No.14 「Blue」 2016.07
 色鉛筆、アクリル絵の具、51cm×36cm
夏向きの一枚です。


No.13 「KASHIYUKA」 2016.06
 アクリル絵の具、51cm×36cm
パフュームの中でも特に無機質なイメージの強い彼女を描いてみました。こんな絵は描きながら色々なアイデアが浮かんできて、自分の好きなように描けるので楽しいです。


No.12 「いばら姫」 2016.05
 アクリル絵の具、色鉛筆 36cm×48cm
「いばら姫(眠り姫)」
エドワード・バーン・ジョーンズ,英,1833~1898

グリム童話をもとに描かれた連作で、いくつかのバージョンがありますが、これは四人の眠り姫が描かれた作品のうち左半分を模写したものです。


No.11 「続・真珠の耳飾りの少女」 2016.03
 色鉛筆、53cmX39cm
「その昔「続・夕日のガンマン」「続・荒野の用心棒」「続・・・」豪華3本立てなんてありましたな(しかも350円!)ああ懐かしい。ということで今回はあの名画の続編です。モデルはダンス&ボーカルグループのメンバー、ファッション誌モデル等で活躍中の人です。


No.10 「ギタリストの肖像」 2016.02
 色鉛筆、36cmX51cm
このサイズでどのくらい細部の表現ができるか試してみましたがなかなか難しいです


No.9 「テイラー・スイフト」 2016.02
 色鉛筆、51cmX36cm
P.V等で色々な顔を見せてくれる人ですが、今回ナチュラルな感じの表情を描いてみました


No.8 「あの頃のジョージ」 2016.01
 色鉛筆、48cm×36cm


No.7 「John Lennon」 2015.12
 色鉛筆、36cm×48cm


No.6 「Beatles」 2015
 アクリル絵具、色鉛筆、72cmX51cm


No.5 「戦士」 2015
 アクリル絵具、色鉛筆、51cm×72cm

 前作の続編。エジプト系要素を強調しました。


No.4 「女王と剣」 2015
 イラストボード、アクリル絵具、色鉛筆
 51cm X 72cm

 20数年ぶりに制作を再開して最初の作品。古代のエジプトやヨーロッパ等をイメージした装飾的な絵が欲しくて描いたもの。女性の顔は広告か何かの写真を参考にしました。


N0.3 「桟橋の午後」 1993
 イラストボード(厚紙)、アクリル絵具
 41cm X 67cm

 当時、大好きだった鈴木英人氏のイラスト(山下達郎他レコードジャケット)の影響を受けて、気だるい感じの午後の桟橋をイメージしながら、初めてアクリル絵具を使って描いたものです。


No.2 「フィービー・ケイツ」 1983頃
 ケント紙、鉛筆
 51cm X72cm

 自分たちの年代には懐かしいスクリーンのアイドル。「パラダイス」「プライベートスクール」「グレムリン」等でブレイクした米国の女優(当時16〜17歳)。鉛筆画も奥が深く、上手くなれば写真と見間違えるような表現も可能なので、今後もひとつのテーマとして取り組みたいところです。


NO.1 「アナザーデイのジャケット」 1971
 ケント紙、コンテ
 30cm X 30cm

 小学生の頃からマンガや絵が好きで落書程度に描いていましたが、高1の時友人宅で見たイラストに感動して以来深みに・・・。その時感動した絵というのが「アナザーデイ」のジャケットを描いたもの。写真と思いきや「兄貴の友達が描いたんよ」と言われて衝撃を受け、数日後早速画材を購入、レコードを友人から借りて真似して描いたのがこの絵。今ならもう少し上手く表現できるかと思いますが、記念の一枚として残しています。